スピルリナの効果を実感!体験者の口コミを症例別に紹介します

スピルリナに含まれるフィコシアニンの働き

ここでは、スピルリナの摂取によって放射性物質が減少したとされている事例を紹介します。

スピルリナによる放射性物質の排出効果

最近注目されているのが、スピルリナと放射性物質との関係性です。チェルノブイリ原発事故の時に、スピルリナを飲むことで放射性物質を排出できた例がありますので、ここでご紹介します。

1986年に起きたチェルノブイリの原発事故の後、16万人の子供達が放射能毒に侵されました。

その後ミンスクのベラルーシ放射線医療研究所という所で、100名子供達に1日5gのスピルリナを投与するプログラムを行ったところ、わずか20日間で尿中の放射性物質「セシウム137」の量を50%減少することが出来ました。

その後3歳~7歳までの49人の幼稚園児に45日間スピルリナを投与したところ、子供達の83%に尿中放射能の減少も認められています。

研究結果は他にも数多くあり、スピルリナは「セシウム137」や「ストロンチウム90」のような放射能核種によって汚染された食品から受ける放射線量の負荷を軽くしてくれることも確認されています。

1999年までにベラルーシで行われた研究では、スピルリナが人体から放射性核種の排せつを促進すること、解毒効果を持っていること、免疫構築をしてくれることなどを理論づけています。

スピルリナと放射能の関係性はまだまだ全てが明らかにはなっていませんが、このような研究結果はスピルリナによって放射能の不安が軽くなることを証明しているのではないでしょうか。

スピルリナ独特の成分「フィコシアニン」とは

スピルリナの主成分はフィコシアニンという、他の食品からは摂取できない独自の青色色素成分です。このフィコシアニンには「抗酸化作用」「免疫関係」「抗炎症作用」があることが国内外の研究から分かっています。

スピルリナが放射能を排出させる効果や放射能汚染から来るダメージを防止する効果が確認されているのは、フィコシアニンのデトックス効果によるものが多いようです。

また、スピルリナはこのフィコシアニンだけでなく、必須アミノ酸や各種ビタミン、ミネラル、カリウム、葉緑素など、多くの栄養素が含まれています。体の免疫力をアップし、放射能に負けない体を作ってくれるので予防効果が期待できます。

▼▼フィコシアニンを配合したスピルリナサプリのオススメは?▼▼

価格や口コミ評価によるスピルリナ製品ランキングはこちら

 
口コミで評判!スピルリナの効果を徹底解剖