スピルリナの効果を実感!体験者の口コミを症例別に紹介します

副作用はあるのか

ここでは、スピルリナの副作用についてまとめています。

好転反応が副作用と感じられることも

スピルリナに限らず、何らかのサプリメントや漢方を服用していると、今までの体の状態が改善されるにつれて「好転反応」という現象が起こることがあります。

好転反応は「めんげん現象」と呼ばれることもあり、体内の毒素を排出しようとする反動で吹き出物や倦怠感といった症状を感じることをいいます。服用を始めて一カ月前後に見られることが多いといわれており、日ごろの生活習慣の乱れが大きい場合などに強く反応が出ることがあります。

体質を改善していく過程でこのような現象が起こり、男性よりも女性のほうが出やすいという特徴もあるようです。

スピルリナに見られる好転反応

スピルリナに見られる好転反応(副作用)には次のような症状が報告されています。

  • 熱っぽさを感じる
  • のどが渇きやすい
  • フラフラとした感覚がある
  • 胃の不快感
  • 腹痛や便秘、下痢
  • 肌のかゆみや吹き出物などのトラブル
  • 光過敏症

光過敏症や皮膚のトラブルを起こす原因として、スピルリナに含まれるクロロフィルの存在が指摘されています。しかしながら、スピルリナを服用することによる重大な副作用については今のところ報告されていないようです。

スピルリナは大量に摂取すれば効果が上がるというものではありません。一日当たりの目安摂取量は3~6グラムだといわれています。

また、スピルリナの服用に際してはお茶などを使わず、水かぬるま湯で飲用することがすすめられています。のどの渇きを感じることが多くなることもあるため、通常より多めの水をとるといいかもしれません。

スピルリナの服用に注意が必要な人

次のような症状に当てはまる人は、スピルリナの服用に注意が必要であるといわれています。

  • 副甲状腺機能亢進症の人
  • 高熱をわずらっている人
  • スピルリナを含む海産物に対するアレルギーがある人
  • ビタミンKの摂取を控える必要のある人、ワーファリンとの併用になってしまう人(反作用でワーファリンの効果が弱まってしまうため)

30年のロングセラー!低価格で安心のスピルリナサプリはこちら>>

 
口コミで評判!スピルリナの効果を徹底解剖