スピルリナの効果を実感!体験者の口コミを症例別に紹介します

最大のライバル!ユーグレナ

スピルリナに対して比較にあげられることの多い、ユーグレナ。ここでは、効果やコストなどの面からユーグレナとの比較を行います。

スピルリナとユーグレナの根本的な違い

どちらも、微細藻類と呼ばれる非常に小さな藻のような生き物です。ユーグレナは別名ミドリムシと呼ばれていますが、こちらは理科の実験などで目にしたことのある人も多いでしょう。

両者の決定的な違いは、食糧としての歴史です。スピルリナは古代から、食用の藻類として親しまれてきた経緯があります。古代の人は、天日干しにして焼いたり、スープなどに混ぜたりして食べていたそうです。

一方、ユーグレナが食用として培養され始めたのは、2005年に入ってから。前から注目はされていたのですが、大量培養が難しく、商品化にはいたっていませんでした。このため、食糧としての歴史はスピルリナと比べるとまだまだ浅いのです。

このように最近になってようやく健康食品として販売されるようになったユーグレナですが、まだ世間では「ユーグレナ100%」という商品をほとんど見かけません。何故かは不明ですが、恐らくは添加物をいれないで食用化するのがまだ難しいのでしょう。

食用として馴染みのあるスピルリナは、どこか懐かしい海苔のような味という口コミが目立ちます。ユーグレナの味はというと、独特なにおいや苦味といった感想が多いようです。

しかしながら、基本的な特徴には両者ほとんど差がありません。どちらも細胞壁がないため、高い消化率を有していますし、食べても緑便になりにくいという特徴があります。

ユーグレナより安価で続けやすいスピルリナのオススメはどれ?
こちらで人気商品を比較しています>>

含まれている栄養素を比較!

栄養素 スピルリナ(100g) ユーグレナ(100g)
ミネラル(5種合計)
アミノ酸(18種合計)
βカロテン
ビタミンB1
ビタミンB2
ビタミンB6
ビタミンB12
ビタミンC
ビタミンE
ビタミンK1
ビタミンK2
葉酸
パントテン酸
ビオチン
γリノレン酸
フィコシアニン
クロロフィル
パラミロン
核酸
DHA
EPA

このように比較すると、両者に含まれる栄養素はほぼ互角といってよいことが分かります。スピルリナの弱点は、ユーグレナには含まれるビタミンC・DHA・EPAが含有されていないことです。

反面、スピルリナの強みは、核酸やγリノレン酸といった栄養素の含有率が高いことといえるでしょう。しかしながら栄養バランスだけでは、どちらがよりいい、ということは簡単に言えないようですね。

特有成分の効果を比較!

スピルリナ、ユーグレナには、それぞれ他の食品では摂取できない独特な栄養素が含有されています。それらの効果を比較してみましょう。

●フィコシアニン(スピルリナ)

青い色素の一種です。フィコシアニンには、血中にある脂質を取り除く効果や、有害物質の排除、肝臓の保護機能など様々な効果があることが確認されています。まだまだ研究途中の、可能性を秘めた成分です。

●パラミロン(ユーグレナ)

アガリクスや霊芝にも含まれるβ-グルカンの一種です。表面に無数の小さな穴があり、この穴がコレステロールや有害な物質を吸着するといわれていて、デトックス効果が期待されています。

基本的に、どちらもデトックス効果という基本的な特徴があるようです。いずれも研究がまだ進んでいない成分なので、効果の優劣に関してはなんともいえない部分があります。

気になるお値段を比較!

このサイトでランキング第1位の「スピルリナ100%」と、ユーグレナサプリのパイオニア、ユーグレナ社の「ユーグレナピュア」を比較してみます。

スピルリナ100%

  • 内容量:1500粒/約37日分
  • 価格:1,480円(税抜)
  • 一日あたり:約40円

ユーグレナピュア

  • 内容量:90粒/約30日分
  • 価格:6,825円(税抜)
  • 一日当たり:約227円

このように、スピルリナの方が一般的に安いのです。この価格差の原因は、製造コストの違いです。

スピルリナは藻類の中では比較的大きい種であるため、収穫に手間がかかりません。一方、ユーグレナはスピルリナの1/10程度の大きさしかないので、収穫作業に遠心分離機などを使わなければいけません。

また、ユーグレナは大量培養が難しく、安価に製造するにはまだ技術的な課題がいくつも残っています。このため、ユーグレナの方が値段が高くなってしまうのです。

結局スピルリナとユーグレナどっちがいい?

特にこだわりがないのであれば、スピルリナをおすすめします。栄養面ではユーグレナともほとんど差がありませんし、なにより安価なので続けやすいです。

食用としての歴史もスピルリナの方が長いので、万が一の心配もほとんどしなくてよいでしょう。どちらにも良い面があるので、気になる方は飲み比べてみるのもアリかもしれませんね!

ユーグレナより安価で続けやすいスピルリナのオススメはどれ?
こちらで人気商品を比較しています>>
 

 
口コミで評判!スピルリナの効果を徹底解剖