スピルリナの効果を実感!体験者の口コミを症例別に紹介します

ガン(予防・抑制)

ここでは、スピルリナの注目の効果、ガンの予防や抑制についてご紹介します。

ガン(予防・抑制)に関する事例を紹介

ある日、急性骨髄性白血病で緊急入院をしました。
その後、制ガン剤の投与により、激しい副作用に苦しむことになりました。
幻覚や幻視が現れ始め、一時は生死をさまよう位までひどくなりました。

その様子を見ていた医師の友人からスピルリナがもしかしたら制ガン剤の副作用を防げるのではないかと教えてくれました。
以前診療所で糖尿病患者にスピルリナを摂取してもらい、糖尿病はもちろん肝機能の改善が役立ったからだと言います。

友人に勧められたとおり、毎日スピルリナを摂取したところ肝機能がほぼ正常まで回復し、急性肝炎から肝硬変への移行が疑われていたとは思えないほど良くなりました。
半年後再び制ガン剤を使用開始したのですが、以前のような激しい副作用は起らず、肝・腎臓機能障害もほとんどありませんでした。

老齢者の急性骨髄性白血病は経過が良くないと言われていますが、今現在、普通の方と変わらない生活を送ることができています。

なぜ、スピルリナがガン(予防・抑制)に効くのか

スピルリナがガン予防や転移抑制をしてくれる働きについては、スピルリナに含まれているベータカロチンによるものだと言われています。血中のベータカロチン値が高ければ高いほど、胃ガンや肺ガンになる可能性が低くなるとイギリスや日本の大学での調査報告もあります。

また発ガンのリスクもベータカロチン値が高い人は五分の一まで抑えられるとの研究結果も出ているようです。

ベータカロチンの一日の摂取目安量は6mgです。6mgは人参では半分、かぼちゃなら中位のものが1個、ほうれん草なら一把位になります。毎日の食事にプラスしてスピルリナで補えば、血中のベータカロチン値も自然と高くなり、ガン予防や抑制へとつながってくれる、というわけです。

 
口コミで評判!スピルリナの効果を徹底解剖